入れ替わり映画10選|男女・親子・動物・色々な入れ替わりものを紹介!

映画を観るナマケモノ

入れ替わり映画とは

自分とは正反対の人物や、もっとも憎い人物、はたまた動物などと入れ替わってしまう展開のある映画。

入れ替わりの原因は現実的なものからファンタジックなものまで多岐にわたります。

自分の人生が奪われる恐怖を感じたり、入れ替わることによって相手の気持ちを理解したりする展開が人々を魅了します。

今回は、そんな入れ替わり映画の中からおすすめの作品を紹介します。

入れ替わり映画のおすすめを紹介!

男女の入れ替わり、親子の入れ替わり、FBIと犯人の入れ替わり、動物との替わりなど色々なタイプの入れ替わり作品を紹介していきます。

※人格が入れ替わらないタイプの入れ替わり作品もふくまれています

1.ホット・チック

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

2002年 104分

監督:トム・ブレイディ

出演:ロブ・シュナイダー、レイチェル・マクアダムス、アンナ・ファリス、アダム・サンドラー

おすすめ度:★★★★★

どんな映画か、ひと言で

見た目が命の女子高生が、薄汚いおじさんと入れ替わってしまうコメディ映画。

あらすじ

オシャレな女子高生のジェシカが主人公です。ある日、彼女はショッピングモールであやしげなイヤリングを購入します。その後、立ち寄ったガソリンスタンドでジェシカはイヤリングの片方を落としてしまいます。

実はこのイヤリングには付けた者同士が入れ替わってしまうという不思議な力がやどっていました。誰かが拾って身につければ大惨事ですが、ジェシカは気づかずにガソリンスタンドをあとにします。

翌朝、目覚めると彼女は薄汚いおじさんの姿になっていました。見た目が命のジェシカにとって最大の悲劇。ガソリンスタンドを襲った強盗とイヤリングの力で入れ替わってしまったのです。

一方そのころ、ジェシカの体を手に入れた強盗は・・・。

おすすめポイント

女子高生とおじさんの入れ替わりコメディ映画。

女子高生がもっともなりたくないものの上位にありそうな薄汚いおじさん。そんな容姿になってしまったジェシカの悲劇を描いたコメディです。

見た目は完全におじさんなのに仕草などで、かわいく見えてしまう不思議な体験ができます。

2.君の名は。

2016年 107分

監督:新海誠

出演:神木隆之介、上白石萌音、成田凌、悠木碧

おすすめ度:★★★★★

どんな映画か、ひと言で

都会にあこがれる田舎の女子高生が、東京に暮らす男子高校生と入れ替わってしまう話。

あらすじ

東京に暮らす男子高校生の立花瀧と、田舎に暮らす女子高生の宮水三葉。

二人は自分の知らない人物になる不思議な夢を何度も見ます。やがて、周りの人たちのリアクションからどうやらそれは夢ではなく、実際に誰かと入れ替わるということに気づきます。

度々起こる入れ替わり。二人は入れ替わっているあいだのできごとをメモにのこしてお互いの生活に支障が出ないようルールを取り決めます。

そして、自分ではない自分として過ごすうちにお互いのことをよく知り、惹かれあうようになるのですが・・・。

おすすめポイント

田舎暮らしの女子高生と都会暮らしの男子高校生の入れ替わり映画。

入れ替わりに、隕石の衝突に、ボーイミーツガール、キャッチーな要素が「これでもかっ!」とてんこ盛りの映画です。設定に矛盾やツッコミどころが多いので、そういった点が気になる人もいるかもしれません。

若いときにしか感じることのできないモスキート音のような魅力がつまっている作品なので、早めに観ておくことをおすすめします。

3.ザ・チェンジアップ

2011年 112分

監督:デヴィッド・ドブキン

出演:ライアン・レイノルズ、ジェイソン・ベイトマン

おすすめ度:★★★

どんな映画か、ひと言で

弁護士の中年男性とその友人である遊び人の男が入れ替わってしまうコメディ映画。

あらすじ

妻と三人の子どもに囲まれて暮らす弁護士のデイヴと、俳優志望で遊び人のミッチ。そんな二人はお互いの生活をうらやましがっていました。

ある日、二人はバーで飲んだ帰り、女神像のある噴水に立ち小便をします。罰があたったのか願いが叶ったのか、翌朝、目を覚ますと二人は入れ替わっていました。

困惑する二人。もちろん誰も彼らの話を信じてくれません。二人はもう一度、立ち小便すればもとの体にもどれると考えて噴水を探します。しかし噴水は撤去されていました。

仕方なく入れ替わったまま生活するデイヴとミッチなのですが・・・。

おすすめポイント

既婚者の弁護士と独身の遊び人の入れ替わりコメディ。

家族愛を描いたザ・アメリカンコメディといった感じの映画です。同じ年頃の中年男が入れ替わるというのは逆にめずらしいありそうでなかったパターンかもしれません。

4.フェイス/オフ

1997年 138分

監督:ジョン・ウー

出演:ニコラス・ケイジ、ジョン・トラボルタ

おすすめ度:★★★★★

どんな映画か、ひと言で

息子を殺した犯人と入れ替わるFBI捜査官の話。

あらすじ

FBIのショーンは息子を殺した犯人キャスター・トロイの逮捕に執念を燃やしていました。キャスターを追いつめ、激闘の末とうとう逮捕することに成功するショーン。

しかし、問題が! キャスターは逮捕される前に爆弾を仕掛けていたのです。肝心のキャスターは昏睡状態のため爆弾の場所を聞き出すことができません。

爆弾を止めるため、ショーンたちFBIはある作戦を実行します。それはショーンにキャスターの顔を移植して彼になりすまし、共犯者から爆弾の場所を聞き出すという作戦でした。

一方そのころ、目を覚ましたキャスターは医者を脅し、病院にのこされていたショーンの顔面を自分に移植させます。こうして、宿敵同士の二人は入れ替わってしまうのですが・・・。

おすすめポイント

FBIとテロリストの入れ替わりサスペンス。

もっとも憎い相手と入れ替わってしまった二人が互いの人生に共感を覚えてしまう展開や、自分の顔を持つ相手に銃を向け合うシーンに胸が熱くなる映画です。

クライマックスの二人が対峙するシーンはジョン・ウー監督お決まりの鳩も登場して最高潮に盛り上がります。

5.フォーチュン・クッキー

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

2003年 97分

監督:マーク・ウォーターズ

出演:リンジー・ローハン、ジェイミー・リー・カーティス

おすすめ度:★★★★

どんな映画か、ひと言で

反発し合う娘と母が入れ替わるドタバタコメディ映画。

あらすじ

反抗期の女子高生アンナは弟ばかりひいきする母親に不満を持っていました。再婚を間近に控えた母のテスも勉強せずにロックばかりしている娘のアンナに頭を抱えていました。

ある日、チャイニーズレストランでおみくじクッキーを食べたことがきっかけで、二人に不思議な現象が起こります。なんと翌朝、目を覚ますと二人の人格が入れ替わっていたのです。

お互いの生活に支障が出ないよう、娘は母の仕事場に、母は娘の高校にそれぞれ向かいます。こうして、母と娘の入れ替わり生活がスタートするのですが大きな問題がありました。

母は再婚相手との挙式が、娘は大事なバンドのオーディンションが、それぞれ間近に控えているのです・・・。

おすすめポイント

お互いに不満を抱える娘と母の入れ替わりコメディ。

反発し合う二人がお互いの立場が入れ替わり、互いの苦労などを理解していくというストーリーは定番です。

しかし、話が上手くまとまっていて、娘があこがれている男の子が母親に惚れてしまったり、娘が母親のお金でやりたい放題したりする展開などでも楽しませてくれるので満足できます。

6.メン・イン・キャット

2016年 87分

監督:バリー・ソネンフェルド

出演:ケビン・スペイシー、ジェニファー・ガーナー

おすすめ度:★★★

どんな映画か、ひと言で

仕事人間で傲慢な社長が娘の誕生日プレゼントのネコと入れ替わってしまう話。

あらすじ

家庭を顧みない仕事人間で大企業の社長でもあるトム。ある日、彼は娘に「誕生日プレゼントにネコがほしい」とせがまれます。

ネコ嫌いのトムは娘の頼みを断り切れず、仕方なくペットショップをおとずれます。そのあやしげなペットショップで店員から「もこもこパンツ」という変な名前の毛の長いネコをすすめられて購入します。

その帰りにトムは自分の会社に立ち寄り、ビルの屋上で落雷を受けて転落します。そして、気がつくとベッドに倒れている自分の姿を他人の視点から見ていました。

トムは娘の誕生日プレゼントのネコと入れ替わってしまったのです。そこにあやしげなペットショップの店員が現れ、「なぜ、ネコになってしまったのか考えろ」と告げられます。

仕事ばかりで家庭を顧みなかったトムは、ネコとして家族といっしょに生活すことになるのですが・・・。

おすすめポイント

わがままで自己中心的な男とネコの入れ替わりもの。といってもトムは昏睡状態なので、ネコの人格は登場しません。

仕事人間が家族との絆を取りもどしていくという展開はファミリー向け映画の定番の展開ですが、ネコとの入れ替わりがプラスされているので飽きずに観られます。

ちなみに、ネコと入れ替わる傲慢な社長はケビン・スペイシーが演じています。

7.秘密

1999年 119分

監督:滝田洋二郎

出演:広末涼子、小林薫、金子賢、伊藤英明

おすすめ度:★★★★

どんな映画か、ひと言で

事故死したはずの愛する妻と、生き残ったはずの娘の人格が入れ替わってしまう話。

あらすじ

妻と娘と幸せに暮らすサラリーマンの杉田平介。ある日、彼の妻(直子)と娘(藻奈美)が乗ったスキーバスが崖から転落する事故が起こります。

その結果、妻の直子は亡くなり、娘の藻奈美は意識不明の重体になります。回復は絶望的だと思われていた藻奈美ですが、奇跡的に意識を取りもどします。

しかし、目覚めたのは娘の藻奈美ではなく、妻の直子でした。娘の体に妻の人格が移っていたのです。平介は、この不思議な現象にとまどいます。

そして、藻奈美の中身が妻の直子であることを二人だけの秘密し、平介と直子は生活していくのですが・・・。

おすすめポイント

妻と娘の入れ替わり映画。

片方は亡くなっていますが、妻と娘の中身が入れ替わる作品です。妻の体と娘の人格が亡くなり、妻の人格と娘の体が生き残ったという設定が色々な葛藤を生み出します。

そして、『秘密』というタイトルに様々な意味がふくまれているところも魅力的です。最後まで観れば秘密の意味に気づくはずです。

8.天国から来たチャンピオン

1978年 101分

監督:ウォーレン・ベイティ、バック・ヘンリー

出演:ウォーレン・ベイティ、ジュリー・クリスティ

おすすめ度:★★★★

どんな映画か、ひと言で

事故で亡くなったアメフト選手と大富豪が入れ替わる話。

あらすじ

アメフト選手のジョーは大きな試合をまえにして交通事故で亡くなります。しかし、それは天使の手違いでした。ジョーには余命があるにも関わらず、あやまって天国に連れてこられてしまったのです。

ジョーはあわてて地上にもどりますが、すでに彼の体は焼却されていました。なので、ジョーは代わりに亡くなった大富豪の体をもらうことになります。

そして、大富豪の体と入れ替わったジョーの前にベティという素敵な女性が現れ、彼は恋をします。しかし、彼女は大富豪(現在のジョー)と敵対関係にありました。

こうして、アメフトへの復帰とベティとの恋の成就を目指すジョーの新たな人生がスタートするのですが・・・。

おすすめポイント

アメフト選手と大富豪の入れ替わりもの。

『秘密』と同じく片方は亡くなっているので厳密にいうと入れ替わりものから少し外れています。しかし、自分の人格が別の人間の中に入るというところはちゃんとおさえています。

ちなみに、漫画家の荒木飛呂彦先生はこの映画を好きな作品として『荒木飛呂彦の超偏愛! 映画の掟』の中で紹介しています。なのでジョジョの奇妙な冒険ファンの人は必見です。

9.ファミリー・ゲーム/双子の天使

created by Rinker
ウォルト ディズニー スタジオ シ

1998年 127分

監督:ナンシー・マイヤーズ

出演:リンジー・ローハン、デニス・クエイド、ナターシャ・リチャードソン

おすすめ度:★★★★

どんな映画か、ひと言で

幼いころに離ればなれになった双子の姉妹がこっそり入れ替わり、両親を復縁させようとする話。

あらすじ

幼いころに両親が離婚し、お互いの存在を知らずに育ったハリーとアニー。二人は偶然、同じサマーキャンプに参加し、そこで知り合います。

最初はお互いに反発していたものの、あることをきっかけに自分たちが双子であることに気づき、仲よくなります。そして、二人は両親を復縁させようと計画します。

自分たちが入れ替われば、カリフォルニアとロンドンで離れて暮らしている両親たちを引き合わせることができるかもしれないと考えたのです。

二人は入れ替わりを成功させ、カリフォルニアとロンドンに向かいます。しかし、ここで大きな問題が発生します。サマーキャンプからもどると父親に若い彼女ができていたのです。

それでも、二人は何とか両親を復縁させようとするのですが・・・。

おすすめポイント

見た目がそっくりな双子の入れ替わりもの。

ハリーとアニーが入れ替わっていることは二人しか知りません。なので、潜入捜査もののようなドキドキ感が味わえます。

「会ったことのない父親や母親に会ってみたい」、「両親を復縁させたい」というかわいらしい動機は二人の計画をつい応援したくなります。

ちなみに、そっくりな双子のハリーとアニーはリンジー・ローハンが一人二役で演じています。

10.鍵泥棒のメソッド

2012年 128分

監督:内田けんじ

出演:堺雅人、香川照之、広末涼子

おすすめ度:★★★★★

どんな映画かひと言で

記憶喪失の殺し屋と、売れない貧乏役者の生活が入れ替わる話。

あらすじ

貧乏で売れない役者をつづける男、桜井。ある日、そんな彼は銭湯の脱衣所でお金を持っていそうな男と隣のロッカーになります。

それから、偶然その男が風呂場で転んで意識を失います。桜井はどさくさに紛れて男のロッカーの鍵を自分の鍵とすり替えます。ロッカーの中にあった分厚い財布を手に入れ、さっそく桜井はその金で借金を返します。

男の金を使い込んだあと、桜井は彼の正体を知ります。男はコンドウと呼ばれる凄腕の殺し屋だったのです。さらに、コンドウになりすました桜井のもとに殺しの依頼が舞い込み・・・。

一方、コンドウは頭を打ったショックで記憶喪失になっていました。彼はロッカーの荷物から自分を売れない役者の桜井だと思い込み、芝居の稽古に取り組みはじめます。

こうして二人の生活が入れ替わってしまうのですが・・・。

おすすめポイント

記憶喪失を利用した入れ替わりです。

桜井だけが二人の生活が入れ替わっていることに気づいているという設定や、その設定を利用したシチュエーションがおもしろく、最後まで夢中にさせられます。

それから、巧みに張られた伏線の回収と終盤のどんでん返しは、「さすが内田けんじ監督」といいたくなるクオリティです。

まとめ

以上が入れ替わり映画のおすすめ作品です。

今回おすすめした映画

  • ホット・チック
  • 君の名は。
  • ザ・チェンジアップ
  • フェイス/オフ
  • フォーチュン・クッキー
  • メン・イン・キャット
  • 秘密
  • 天国から来たチャンピオン
  • ファミリー・ゲーム/双子の天使
  • 鍵泥棒のメソッド